今日は、ベンチャー企業の社長様と接する機会が


あったのですが・・・・。


先に断っておきますが、


俺は自分で会社を立ち上げ頑張ってる人達は大好きです。


そのパワーは、本当、尊敬しちゃう時もあるぐらいです。


昔は会社を立ち上げようと思ったら、まずは資本金の壁が


あって、なかなか起業するには難しかったのですが、今は


その壁が低くなっているので、誰でも起業しようと思えば


会社なんて作れちゃいます。 


ですが、会社作って社長になったからと言って、偉くなったと


勘違いしちゃいけません。 


今日、会った彼は24歳の起業して上り調子のA君。 


こちらから挨拶しましたが・・・。


何でお前はタメ口?? 初対面なんですけど??


ビジネスだから年齢の上も下も関係ないっすよねぇ??


屁理屈ばっかこねやがるので、一発ガツンと闘魂注入ですメラメラ 


頭にきたので黙らせてやりました。 



会社という組織を通じ、人間的成長をする。

俺はやっぱ、これが大事なんですよね。 


名刺には、自分を大きく見せるだけの小手先の文章が


並んでいました。 で、何?? 


商売は、信用、信頼が一番大事なわけで。 


いつ、どこで、まためぐり合うかわからないから、
初対面の方でも


お得意さんでも、いつも同じ応対をする。


相手によって、態度を変えるのは、絶対駄目だと俺は思います。


今回の場合、ある人から弊社で取り扱いのある商品を、A君がほしい


という事で紹介を受けて訪問したのですが、いくら物を売りたくても、


こういう基本的な礼儀が守れない人間は後に何かトラブルを招きます。


俺は、お客様とは、末永くお取引をしたいので、こういう人とは取引でき


ないなぁって思ってたとこに、


「 他の業者からも見積もり取って、安い方から買うから 」


   スイッチ ON  プンプン


俺「値段安く出すだけなら、小学生でもできますから、いいんじゃないですか?」 

お前には見積もり自体お断りだっての。


商売の基本。


ベンチャーでも老舗でも守らなきゃいけないんじゃないでしょうか??