叱ると怒るは違うよ。 よく言いますが、


その違いはさておいて、社長になると叱られる事が


ほぼなくなります。 


会社のトップだから当たり前なのかもしれないけど、 


アルバイトからやってきた俺にとって、叱られることが


減ったのは嬉しいような悲しいような、そんな感じです。


今、叱る側になって、すご~くわかるんですが、


期待をしているからこそ、相手を想うからこそ叱っちゃうんですよね。


何も言わずにいるより、叱る方が確実にパワーがいるし


相手に自分の思いが届かないことだってあるわけです。


見て見ぬふりするのが一番楽です。 パワー使わなくていいし。


考えて見てください。誰かに何かをわかってほしい時、


ものすごいエネルギーいりませんか? 


叱られるのは嫌かもしれないけど、


それって実は幸せな事なんですよ。 


エネルギー使ってまで、自分の事想ってくれてるんですから。


どうでもいい人に誰も何も言いません。 


だから叱られて嫌だなあって思うんじゃなくて、


叱ってくれてるって思った方がいいと思いますよ。


今日は社員を叱っていてそんな事をふと考えました。


叱られるのは、まだまだ自分に力があるんだって、


プラスに考えましょう。