踏み出せばその一歩が道となる。

そうやってアントニオ猪木に教えられたけど 笑

年齢が若い頃はそのまま猛突進で突き進めても

年齢を追う事に、背負うものも大きくなり

一歩一歩慎重に進もうとして、なかなか進めなくなったり

しちゃいますよね。

自分もそうです。

20代の頃はただひたすらに自己の成功の為

生きていました。

今はというと、自分の為というの基本的な考えは変わらないものの

社員の為、社員の家族の未来の為

それを会社の社長として支えなければいけない現実に

それなりの重さを感じます。

そして、その重さは、大きなプレッシャーになります。

この決断、選択は、果たしてみんなの将来の為になるんだろうか?

そんなことも良く考えるようになりました。

日本にはたくさんの会社があり、たくさんの人がいて、

その中から、縁があり一緒に働けている社員達は

ある意味、奇跡的な出会いであり、

でも、そんなことを日々の中で感じることなく、

あんな奴と仕事したくない

とか、

あいつのここが嫌いだ

とか、

どうしても人はいいところより悪いところが

目に付くようにできています。

でも、少し、見方を変えて、

この人のいいとこはここだな

とか、

この人達といれてよかったなって

そう思えるように日々過ごすことも大事な事だな

って最近は良く感じます。



にほんブログ村 経営ブログ 三代目社長へ
にほんブログ村


社長ブログ ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking
テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス