創業35年の会社の3代目社長として後継者指名された俺は


社長になるべく準備をはじめなければいけませんでした。


株式会社である以上は、株があるわけです。 でも


俺はアルバイトで入社した人間です。もちろん一株だって


持っていませんでした。 それどころか、株についての知識


事業を承継するための知識、何もありません。 


突然の指名。 指名してくれた社長は肺がんで入院して


る。直って退院してこれる状況ではない。 


ただでさえ事業を承継するってのは大変なことなのに


それに輪をかけるような大変な状況でした。 


俺ってこういう運命みたいです。


普通なら、ある程度前から計画し、


何年かかけて社長になるべく勉強してから、


正式に後継者として進むはずです。


でも、もっと前から準備してればなんて、全く思いません。


これぐらいがちょうどいい。 やりがいありまくりですよ。


事業承継について多少勉強しようと本屋さんに行って


見てみましたけど、それはごく一般的な事業承継に


ついてしか載っていませんでした。


俺の場合、


アルバイトで入社して正社員になって、

個人版民事再生を
してから

創業35年の3代目社長になる
。 

わけですから、


そんな人、一般的ではないですもんね。 例外すぎて、本がなくて


困りました。ガーン 


どの本も、一部分しか参考になりません。 


こうなれば、俺がその前例を作ってやる。プンプン 


どこまでもポジティブな俺なのでした。