アルバイトで入社して、まさか自分がその会社の代表者になる


なんて、夢にも思いませんでした。 将来は独立したい。


そういう思いは強く持っていましたが、それは、夢 であり、


今すぐに、という考えはありませんでした。 


個人再生の認可後、毎月の支払は楽になり、仕事に


集中できる環境が整いました。 お金の余裕は、やっぱ心の


余裕にもなりました。 毎月の支払に頭を悩まさなくていいなんて


それまでには考えられなかったし。 


同時に、自分はブラックであり、お金を借りる事はできない。


車も、家も、なにもかも、ローンを組んでっていうのは出来ません。


これもある意味不便だけど、やり直しているんだからしょうがないですね。


それなりのリスクを背負いながらですが、新しい一歩がはじまりました。


また、がむしゃらに働く日々がはじまりました。


もう何も、自分が背負うものはない。


自分なりに真面目に仕事して、がんばろう。 お金貯めて、将来は


独立して、自分で商売をしよう。そんな目標をたてていました。 


それから半年後のある日、2代目社長の体調に異変がカゼ 


それは会社存続の危機にまで発展する緊急事態でした。


続く。