期末が近づいてくると同時に、

来期の予定を組み立てなきゃいけない時期になる。

一番忙しい期末に、来期の予想、計画、数値目標などを

業界の動向、政治、経済の状況などを、見ながら、

決定していく。

それに合わせて、役員報酬、給与、その他経費の

計算をしつつ、資金繰りに問題がないか確認。

年間を通し、どういう展開で進めていくのか?

この準備に、結構な時間を費やす。

俺の場合、現場にも出てるから、

これが、また大変で。。

大変だけど、


『 ビジネスは全て数字で表さなきゃいけない 』


よくやった、頑張った。

だけでは、ビジネスは成り立たない。

数字と向き合うのは、はっきり言って

好きじゃないが、これを無視して

勢いだけで進んでいけるほど甘くないから。

会社としての評価というのは、

結果である数字を見て判断される事が圧倒的だ。

頑張ってる会社だから、いい会社 とは

誰も思っていない。

結果がいいから、頑張ってる会社となるだけ。

冷たいもんだけど、現実はそうだから。

数値で話をできるようにしておかなきゃ

銀行や仕入先なんかと話す時、具体性が欠けるからね。


社長の仕事ってのは、社員から見ると、わかりずらくても、

いっぱいあるなあ。

と、アルバイト上がりの俺は

何年経っても、まだまだ思うのでした。。







にほんブログ村 経営ブログ 三代目社長へ
にほんブログ村