お客を選ぶ。ちょっと前にも少し書いたが

今の時代、これは大事だと思う。

昔はお客を選ぶなんて事考えた事なかった。

買ってくれる人が1番大事だったから。

俺のスタイルの一つに

『 お客様とは常にフィフティな関係でいる事 』

というのがある。

『 お客様と自社とは常に50%対50% 』である。

という事だ。

通常、お客様に買って頂く事を最優先にした場合

いくらメリットを説明して、納得してもらっていても

それでも、関係性には上下がでる。

当たり前なんだけどね。

でも、当たり前を超えたいからね。

そこに、ノウハウがある。

ノウハウなので書かないけど。にひひ

けど、参考までにちょっとだけ。

物を販売するのに、単価を重要視するお客に

単価で話をしている営業マンでは

もう、負け組です。今は。


価格が安いから買うというお客は

価格がもっと安いとこがあったらそこで買う。

自分の価値は一円もない。

という事だ。

自分の価値を付加できないのでは

物次第、会社の信用次第なだけです。売れてるのは。

そこがポイントです。

そして、

このスタイルをを行動レベルまで落とし込むと

買ってもらっているんではなく

選んでもらってると言えるようになる。

あなたが選ばれてる理由を言えますか?

そして、その後はお客を選ばなきゃいけない。

選ばなきゃと書くと生意気に思うかもしれないが

選べるくらいの『 何か 』を兼ね備えていれば

こちらも選ぶ事はできるはず。

俺は、魅力ある企業と取引を末永くしたいから

価格最優先みたいなお客や、よそでも見積もり

とるから、なんて企業とは取引を

こちらから断る事もある。

そのお客に使う時間を、フィフティな関係を

築いてるお客の為に使いたいから。

お客は選ぶ時代だと、俺は思う。











にほんブログ村 経営ブログ 三代目社長へ
にほんブログ村
テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス