社長って孤独。ってよくいいますけど、


それは本当ですね。最近しみじみ感じます。


全ての責任を持ちながら、会社を経営するって


本当に辛い時があります。 


毎日が、決断の連続。どっちの方向に行こうか?


今進んでいる道は正しいのか?


社員への接し方はどうか?


みんなの事ちゃんとわかってやれているか?


いろいろ考えます。


会社の社長というのは、


会社=社長と見られますが、


社長というのは会社という組織を守り発展させ継続させる為に


代表の取締役として責任を任せられた人間です。


なので、会社という法人格の代表取締役である自分と、


一個人の人格の自分とでは言うことも変わってきます。 


会社を守る為、継続させる為には、嫌な事も、いいにくい事も


はっきりと言わねばなりません。 それが役割であり、


社長の仕事でもあります。 


などとカッコイイこと言っても、やっぱり人間。 


会社の為とはいえ例えば社員に対しキツイ言葉を言わせて


もらった時は、いろいろ考えさせられることも多いです。


あんな言い方してよかったかな?どんな風に思ってんだろな?


とか。やっぱ思いますよ。一個人としては気になるタイプですし。


でも、気になっても絶対に表にはだしません。


それも仕事ですから。


1人っきりになった時に、頭かかえて苦悩ですよ。 


こんな事気にして社長なんて向いてないのかな?


あ~もう嫌だ~ガーン こんな重圧たえられねえ叫び


年に数回そんな時があります。 まさに今日はそんな日でした。 


1人でそんなことばっか考えてると、孤独感を感じます。 


寂しいなあ~汗 って。


でもそんな顔社員には見せられないし、見せるべきではない。


社長はいつも元気でなければならないと、孤独感を打ち破り


進まなければいけないんです。 やっぱ孤独ですよ、社長って。


ここになら正直に書けるので書いてみました。