FC2ブログ

アルバイト(配達)で入社したのが22歳の時、あれから14年、創業39年の老舗企業の社長になった男はいったいどうなるのか!!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人財。

人は宝だ。

社員がいなきゃ会社やってけないから。

だから会社の社員に対して、

感謝の気持ちはいつも持ってる。

ただ、、

人も会社も生き物で、

今のままでいようとすると、

うまくいかなくなる。

それは、時代の流れであったり

競争であったり、

ようは、生き残れなくなってしまう。

いや、生き残るんではなく、

勝ち残らなきゃいけない。

勝ち残る為に、いつも何かにチャレンジし続けなきゃ

いけない。

企業は現状維持を目指した時点である意味

終わりだと、俺は思う。

勝ち残る為には『 人 』は最重要だ。

会社には人の種類がある。

人材、(稼ぐ為の材料になる人)

人在、(ただ存在するだけの人)

人罪、(いることが罪な人)

人財、(財産のような人)

こんな分け方をすると、文句の1つも

言われそうだが、ちょっと待ってほしい。

自分が、会社にとって、どこにあてはまるか?

を、客観的に見る事は、自分自身の成長のきっかけに

なると思う。

頑張るキッカケにしてほしい。








テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。