俺の会社は、まだまだ発展途上のど真ん中で、

営業マンだけの活動で会社を維持できるほど

の力はない。 

社長である自分が、どれだけ売上に貢献するのか?

は非常に重要で。。

ただ、社長業をしながら、営業活動をしながら、

社内の事、見渡しながら、経営しながら

売上を毎月作っていくのって

相当つらい。。

つらい上に、人を育てきれない自分に

いらいらしたり。。

ある日、自分は限界にきてるんじゃないかと

思うようになった。

限界と言うか、次のステップへの課題が

出てきたんだと前向きに捉えた。

そういう意味の限界だけど。

ちょうど、その時期に、ある案件が

飛び込んできた。

普段はない大きな案件。

もともと、営業やってきた俺は

この案件を、絶対に取ろうと

最初に決めた。

次のステップに進む前に

自分のやってきた営業やそのスタイルが

本当に通用するのか?

そんな事思ったことなかった。

通用するに決まってんじゃん

ってのが普段の俺だから。

でも、確かめたいと思った。

通用するなら、そのスタイルを

自信を持って教えればいい。

このままで次のステップに行こう。

通用しないなら、まだまだ勉強不足だと

いうことだ。

事業を縮小して、身の丈にあった

形で次のステップに進もう。

そう決めた。

もちろん、純粋な競争であるから結果は

わからない。

わからないが、引き寄せる『  』

さえも確かめたいと思った。

自分がやれる事は全てやりきった。



明日、自分が確かめたかった答えが出る。

さて、どうなる事か。。