2011年。

今年のテーマを決めてみた。

今年は

 『 飛 躍 』 

をテーマに

 『 信 念 』



 『 熱 意 』

を持って活動しようと思う。

仕事ってのは、

現状に満足してしまった時点で、

それは衰退を意味する。

常に今より良くなるにはどうすべきか?

という問いをいつも持っていなければいけない。

今のままこれからもずっと・・・

というのは残念ながらない。

これは、会社経営でも会社員でも関係なく

時代背景、取り巻く環境、お客様のニーズ

全てに対応していくには、常に変化を繰り返す

為の ?? を持たなければならない。

そうでなければ、生き残る事はできない。

必要とされる会社、必要とされる人材というのは

それをわかっている。

今年のテーマ 『飛躍』 は、

それをわかった状態で

更に、自社のオリジナリティ溢れる、自社にしか

できないサービスを展開していこうと思う。

その為に『信念』は通そうと思う。

俺には、会社の将来、社員の将来を明るいものに

しなければいけない役目がある。

社長だからって、ふんぞり返るのに興味はない。

社員みんなが、笑って過ごせる、居心地が良くて

夢があって、頑張ったら頑張った分だけ給料だって

ボーナスだって出せて、この会社にいれて良かったって

たくさん成長できたって、そんな風に思えるように

そういう未来を目指す為に、今年は、厳しくいこうと思う。

厳しさを乗り越えていかなきゃ、そんな未来はない。

そんなに世の中甘くない。

楽しくて居心地がいいだけじゃ、そこらの大学のサークルと

変わんない。

自分の目指す将来を理想ではなく現実のものにするには

今、厳しさが必要な気がする。

だから、社員に嫌に思われても、影でなんか言われたって

気にもしない。 

今じゃなく将来の為だから。

みんなの為だから。

嫌な役目だけど、

そこは、『 信念 』 を持って取り組んでいこうと思う。

信念を通すには、

『 熱意 』が必要になる。

ある程度、目標を達成すると、油断しちゃったりする。

去年の俺は、そんな状態で仕事に取り組んでしまった

期間があった。

その時に、何が俺に不足していたのかを考えてみたら

それは『 熱意 』だったと思う。

社長ってのは、社員の誰よりも、他の誰よりも

仕事に対し

『 熱意 』を持たなければならない。

それが伝わんないと、社員、お客様は

物やサービスでしか判断しなくなる。

例えばある商品を売る場合。

商品力がある商品の場合、

その商品がほしいから買うって事になる。

買うとこなんてどこでもいいって事。

それではダメなわけで。

商品力がない商品だって、

そこに熱意が加われば十分に買ってもらえる

可能性は多くなる事を俺は知っている。

『 熱意 』ってのは、相手の心を動かす

熱意なんて関係ねえよっていう意見もあるだろうが

そんなにバカにするもんでもない。

俺は、そのちょっと忘れてしまっていた

『 熱意 』 を 完全に取り戻して

先頭をきって走ろうと思う。

それを見て社員達が同じような気持ちに

なってくれればいい。

今年は自分にとって大事な1年になるのは

間違いない。

今年も安泰だなんて余裕は俺にはない。

気合入れていこう。メラメラ

こい、2011にひひ