15年前の自分を写真で見て

て、思った。

当たり前だけど、若い。 

そして、楽しそうだ。

何もわからなかったあの頃は、

何でも楽しきゃよかった。

遊べるお金が稼げて、

楽しくバイトして、 

好きな事ばっかしてたなって、思う。

社会に出て、一日のほとんどを働く事で

過ごしていると、いっつも遊んでた友達も

なかなか会えなくなって、

友達にも社会があって、たまに会っても

仕事の話が中心。。 みたいになっていく。

話も現実的。。

それはそれで年齢を重ねたからこそできる事

でもあるけど。

昔の写真を見て、あの頃はよかった・・・

など、俺は言わない。

どんな困難があろうと、今が今までで一番だから

今が最低ガーンの気分なら、今が最高アップに考えたり悩んだり

泣いたり笑ったり、怒ったり、出来る時期ってことだ。

それは、最高な事だと思う。

前向いていこう。。 道は前向いてりゃできるからさ。

あの頃はよかったって思うのは肌年齢くらいだぞ、俺は。。にひひ 




あ、それから

仕事ってのはさあ、

基本的につまんないもんだ。

お金もらって、楽しく、なんて都合よすぎ。。

どこ行ったって、お金払って楽しむでしょ。

買い物だってレジャースポットだって。

楽しい時は、大抵お金払ってるでしょ。はてなマーク

お金もらってるんだから、

だから、つまんなくて当たり前なんだよ。

それを、おもしろくするのは、

自分しかないんだよ。

つまんないから、おもしろくするんだよ。 


仕事ってのは、

『 楽しくないがおもしろい 』 

15年前の俺にはわかんなかったが、

今の俺はそう思う。
テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス