そして社長と同行が開始されました。

バンに荷物バンバン。 よっしゃ行くぞ!

社長は俺に道を教えながらいろんなことを話してくれました。

仕事について。会社について。
 
当たり前の会話なのかもしれないけど、今までそんなふうに話する

上司なんていなかったし、ごく自然な会話がとても新鮮で

そして、なんか話しに引き込まれていく自分がいました。 

それは、以前騙されたT(以前の記事見てね)のようなあきらかに

訴えかけるようなものでなく、ごく自然にスッと入ってくるようなそんな

感じだったのを覚えています。

そんなこんなでお客様の元に到着。

こんにちは~」 

でかい声。お客の視線は俺に。にひひ


と思ったら、


「こんにちは~、いつもありがとうございます爆弾



社長、俺の背後からさらにでかい声にひひ 

この声のでかさ、その笑顔、ただもんじゃないな、おぬしかお



とか考えてたら、速攻紹介されて御挨拶。

ここで、また一つ自分にはびっくりしたことが。 

それは、社長がお客様ととても親密に話し、お客様も社長に

とてもフレンドリーに気楽な感じで話していたこと。でした。  

自分がやってきた飛込み営業は、とにかく、お客様と話をする

ところまで持っていくのが一番大変な仕事でした。

突然来て、まず何者で何をしにやって来たか。

それを説明して、ほぼ全てのお客様で入り口以上入ることが

できませんでした。ごくわずかです。ちゃんと話できるとこなんて。

なのに、挨拶しただけで、会社名出しただけで、入り口の中に

入れて、普通に話ができる。 それだけのことで俺はびっくりしていました。 

社長にそれを話したら、これが会社の信用、

これがルートセールスというものだよって教えてくれました。  

これはおもしろい。 

まずは行き先とお客を覚えよう。

テンションアップ



「ただいま~」!!



相変わらずのゆるやかムード。

なんだかなあ と思いながら一日が終了しました。