最近、ことある事に、

2代目社長の事を思い出す。

自分に起きる様々な出来事がある度に

その対応の仕方が、俺、2代目社長にそっくりじゃんにひひ

って思う事が多いからかな。

そんな思い出を探る中で、

2代目社長が亡くなる数週間前に言ってた言葉を思い出した。

「 〇〇君、人生なんてあっという間だった 」 

会話の中ででた言葉ですが、

誰でも限られた時間しかない事を

その時、改めて感じた。

だから、それからは、たまにでも考えるようにしている。

そして、限られた時間の中で、

何が出来るのか? 

どういう生き方をするのか?

を、正面から考えるようになった。

深く考える必要なんてない。

ちょっとだけ、その事実を受け入れるのが大事なんだと

思う。 

限られた時間。生まれた日から、その時間は

はじまっているんだと思うと、今、やれる事、

やるべき事をやらなきゃ、いつやんの?

今でしょ!!

って思いませんか??

もっと生きたかった社長の明日が、

俺がいる今日だとするならば、

頑張らない理由なんてない。

今、生きてんだから。