アルバイト(配達)で入社したのが22歳の時、あれから14年、創業39年の老舗企業の社長になった男はいったいどうなるのか!!

 

月別アーカイブ:2010年11月

思い出してみた。

最近、ことある事に、

2代目社長の事を思い出す。

自分に起きる様々な出来事がある度に

その対応の仕方が、俺、2代目社長にそっくりじゃんにひひ

って思う事が多いからかな。

そんな思い出を探る中で、

2代目社長が亡くなる数週間前に言ってた言葉を思い出した。

「 〇〇君、人生なんてあっという間だった 」 

会話の中ででた言葉ですが、

誰でも限られた時間しかない事を

その時、改めて感じた。

だから、それからは、たまにでも考えるようにしている。

そして、限られた時間の中で、

何が出来るのか? 

どういう生き方をするのか?

を、正面から考えるようになった。

深く考える必要なんてない。

ちょっとだけ、その事実を受け入れるのが大事なんだと

思う。 

限られた時間。生まれた日から、その時間は

はじまっているんだと思うと、今、やれる事、

やるべき事をやらなきゃ、いつやんの?

今でしょ!!

って思いませんか??

もっと生きたかった社長の明日が、

俺がいる今日だとするならば、

頑張らない理由なんてない。

今、生きてんだから。







笑顔をずっと・・・だな。

昨日の午前中、社員がお坊ちゃま君(2名)を

連れて会社に来ました。

さすがに、小学生ぐらいの男子ともなると

その、遊ぶ事に対してのエネルギーは、

凄まじいものがありました。ガーン

ちょっとばかし一緒に遊んでて、

笑顔を見てたら、ふと思った。。

この笑顔は守らねばって。

社員はいつも大事に思ってるけど、

直接的ではなくても、この子たちの

生活を楽しいものにする為には

間接的とはいえ、責任あるなって。

会社が傾けば、社員の待遇だって傾く。

待遇が傾くという事は、

その家族にまで影響する。

責任の重さを、子供達の無邪気な笑顔から

改めて教わった気がした。

今日の朝、ミーティングで

お客様に喜ばれる対応をしようって話した。

お客様が喜んでくれるという事は、

会社のファンがたくさんできて、

仕事だって、たくさんできて、

それが、社員の待遇にだってつながって、

その家族にもつながると思ったから。

後ろ向いてる暇はねえ。

笑顔がずっと続くように、

明日から、また全力で、力を振り絞って

挑戦していこうと思う。





公園で

走り回る幼稚園児を見てて、

なんだか、その純粋さに見とれてしまった。

サッカーボールでドリブルする、その園児は、

「 俺達が地球を守る~プンプン


「 人々の為に~プンプン」 

って、叫びながらボールを追っかけていました。得意げ 

俺は、それを見てて、

もちろん笑っちゃたんだけど、 

でも、学んでもいました。

ヒーローに憧れてるんだろうけど、

それは今の彼にとっての、最大の夢であり、

無我夢中なその姿は、人を惹きつけているわけで。ラブラブ!

そういうエネルギーってのは、やっぱ大事だよなって。

俺も頑張らなきゃなって。

大人になる過程で、いろんな挫折を味わいながら

いつしか、夢も、希望も忘れがちになる。

現実が目の前にあるから。。

そんなもんなんだよって、言ってしまう大人には

俺はなりたくない。


そんなあきらめてしまった大人が、

子供達に夢を与えてあげる事なんて出来ないと思う。

若くても、年齢を重ねても、

いつも、次の目標や、夢を持ち続け、例えそれが

うまくいかなくたって、

そうやって取り組んでいる姿を、子供達ってのは

必ず見てるはず。

あきらめた事を、大人だからという、言い訳で

逃げるような、そんな格好だけつけた大人に

ならないように、今を受け止めて、

そして、一歩だけでも前に進もう。

それが、本当の大人だと俺は思う。







忙しさ。

最近、俺はめっちゃくちゃ忙しい。アップ

スケジュール管理はもちろんしてるけど、

大抵はスケジュール通りにはいかなくて、

仕事に追われる状態になってしまう。

こんな時、心がけている事は、

忙しさを出さないという事。

例えば、10社の案件がある場合。

3社が手のかかる仕事で、めっちゃ大変でも

残り7社に対し、余裕があるふりをして

対応するようにしている。

お客様ってのは、自分とこを最優先にしてもらった

方が気分もいいし、早い対応のが嬉しいもの。

自分が忙しいことを、あまり言うものじゃないと

俺は思う。

会社全体が忙しくなっていることを言うのは

いい。

ただ、個人が忙しいということを、アピールすると

決まって、自分が不利になる。

忙しいということを知ったお客様は、

少し、対応が遅くなるだけで、

「 あいつは忙しいからな 」

となるし、印象もよくない。

忙しいって言っている自分は、自分に

酔いしれるかもしれないが、

その発言は、自分の首をしめる事になる事のが

多いと俺は思う。

俺が、忙しさを出すのは、社内だけにしている。

この場合、社長が暇そうにしているより、

忙しそうにしてる方が、社員にはいいから。

忙しさを、出す、出さない。

たったそれだけの事ですが

どの場面でどうするのかってのを

細かなとこまで考えて、言動や行動を

整えた方が、何事もうまくいくような気がします。



出会い。

出会いってのは単純に会うこと以外に

例えば、仕事上の延長線でしか

付き合いがなかったとするじゃないですか?、

仕事場を離れて、食事でもして

その人の事を、あ、こういう人だったんだって

知った時も、これも1つの出会いなんだと思います。

よく、「出会いがない、誰か紹介してよ」って、聞かれますけど

こんな出会いを含めたら、以外と自分にあう人って

身近にいたりするかもしれませんよ。

これも1つの出会いです。。





ありがとう。

俺は最近、幸せな社長だなあって

本当に心の底から思える。

何の縁もなかった人間同士が

生まれた時から、ずっと違う人生を

歩んできたのに、それぞれが

違う年齢だけど、 という

時間を共有して仕事している、

この偶然は、お金じゃ買えない物のひとつだと思う。

俺が、会社にアルバイトで入った時、

もちろん、その当時のメンバーってのがいた。

その人達が中心となって、会社を運営してて、

その時は、まさか、自分が、この会社の

社長になるなんて、夢にも思わなかった。

今いるメンバーだって、皆、小学生や中学生

だったわけで。 

それぞれが、

人生の中のいくつかの選択の場面で、もし

違う選択を一個でもしていたら、

今の、メンバーてのは揃っていないんだと

思うと、それは、やっぱ奇跡に近い。

そうやって考えると、

今、こうやって出会えた社員に対して、

頑張ってくれている皆に対して、

心から、ありがとうと伝えたい。

そして、この出会えた社員達が、

この会社に入れて、良かったって言ってくれる時が

くるように、俺は、全力でやっていこうと

改めて覚悟を決めてみた。

ぜ~ったいに、勝つメラメラ

決着をつけなきゃいけない

そんな事がいくつかあります。

でも、そこまではっきりしなくても

過ぎていくといえば過ぎていく。

そんな事ってありませんか?

あえて決着をつける事が

何かを生み出す

きっかけクラッカー

になる事が多いから

そうするようにしています。

時と場合によっては、もちろん

そのまま過ぎ去らせるのも

一つの方法ではあるけど

時間で解決する事

やるべき事を避ける

事は全く違うから。 

はっきりしてみよう。。



やりがいかぁ。。

仕事にやりがいを感じますか?

俺はもちろん感じるし楽しいんだけど

でも、そうでない人ってのもいる事を

わからなきゃいけない立場でもある。

仕事を淡々とこなし、お給料を貰う。

それが全てな人に、やりがいを求めても

求めに応じる事なんかないと思ったほうがいい

じゃ、どうするか?

それは、やりがいというものを、

「見つけろ」

ではなく、 

「みせてやる」

ことが大事だと俺は思う。

今は、残念だけどそういう 何をどうすれば

いいのか わかんなくて、わかんないから

今のままでいいっていう人が意外と多い。

そんな人を あいつは やる気がないって

言ってしまう上司のが悪いと思う。

「みせてやる」 事ができない上司は

みせる事ができない経験しかない。

みせる事ができれば、それは少なからず

その人に刺激を与える事ができる

その刺激の繰り返しが、

その人に、「やりがいを持つ」 という事を

教える事だと俺は思います。



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

当たり前な事に感謝してみよう。

今日は寒いですね。

秋を通り越して冬って感じで雪 

俺のお客さんで身体の不自由な方がいます。

もう10年以上の付き合いですが、

一人で印刷屋を営んでいます

そんな彼と久しぶりに会って 

彼から言われて、改めて考えさせられました。

会話の中で、

タイトルの言葉、

「 当たり前の事に感謝しなきゃ 」 

このフレーズを聞いたとき

俺は、なんだか、心にグッときました。

朝、身体を動かして起きる。

おはようって言える。

会社に行って

働いて 

疲れて 

帰って、お風呂に入って

寝ちゃう。

これは自分にとって

当たり前なんだけど、

朝、一人で起きる事ができない

言葉がうまく話せない

一人で動く事ができない

働く事もできない

お風呂も一人じゃはいれなくて

って人もたくさんいるんだって思ったら

なんか、

当たり前だと思ってる事に目を向けてみようって、

その当たり前には、やっぱ感謝しなきゃいけないなって

改めて考えさせられた一日でした。



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

頭のいい人悪い人。

最近、つくづく感じる事がある。

一流大学出身の社長さん達と

話していると、自分の頭の悪さを

痛感する。

物事を理論的に考える力は、

はっきり言って、

俺、

ない叫び

ないわけじゃないけど、

少なくとも、そんな人達と話をしていると

あきらかに、自分の頭の悪さを感じる時がある。

でも、だからと言って、ブルーに汗
なる事はない。

歩んできた道、学歴は確かに違うけど

今、同じ場所にいるのは間違いない。

同じ場所にたった今、

俺は理論では負けても、

行動力

目的を達成するエネルギーは

絶対に負けないはずメラメラ

そう思いながら

自分を奮いたたせる波 

その部分で勝てなければ、

他の部分で補えばいいだけ。


それぐらいの気分でいれば

いいんだって。

それが大事。。



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス